エルメスの財布!!

エルメスの財布をオークションで購入しました。

それは、なぜか中国から送られてきました。

『なぜ、中国?』と思いましたが、明らかに中国製のニセモノでした。


箱を開けてみるときついカビのようなにおいがして、写真で確認したものとは違う、薄っぺらの財布で、カードが入らない、それは明らかにニセモノとわかるようなものでした。


そのときは、同じようなものがそのときの価格が千円くらいで二つあったので、どちらかを落札できたらいいなと思い、まず、両方入札しました。

片方はどんどん価格が上がっていき、もう片方はもうすぐで2千円っていうところで止まりました。

結局4千円に満たない方の財布を落札してしまいました。

私が見るからには同じように見えるのですが、値段が上がったのと、途中で止まってしまったのと何が違ったのでしょうか。

不思議だったのは、その二つの商品は途中まで同じ人と競っていたこと。

途中で片方に絞るのに安い方には2千円になる前でやめてからは動きがないので不思議に思いました。


高く値がついた前者は多分本物なのでしょう。

そして後者は、『もし安ければニセモノでもいい。ニセモノなので2千円以上出す価値はない。』

と見切ったので、落札希望者たちはニセモノということを知っていたのでしょう。


どうやったら本物とニセモノを見分けることができるでしょうか。

スーパーコピーなるものも出回っていて、素人には写真では判断がつきません。

高級ブランド品を落札するとなると高いお金を払うのでやはり心配になります。

これを教訓にオークションでのニセモノと本物の初歩的な見分け方です。


・まずは出品者の評価を見て悪い評価がつけられていないか。

そのとき、高い評価がついているからといって本物とは限りません。

・高級ブランド品が同じ形、同じ色のものが大量に出品されていないか。

・ストア出品なら本物の可能性は高いとおもいます。

・しっかり『本物』と書かれていること。

曖昧なことを書かれていると本物である可能性は低いです。

・製品についてたくさん質問してみましょう。

返事が返ってこなければニセモノの可能性が高いと思います。

・発送元が中国と言われると怪しいです。

何も確認しないで購入した自分が悪いので、今回は勉強になったとあきらめました。

カードが入らなかったし、カビのにおいが取れなかったので、その財布は結局使わずに捨ててしまうことになりました。