商標登録を行えない物がある!

現在私は小さな雑貨屋さんを経営しています。

お店も起動に乗り、カタログを作らないかと言う案がお店で出ています。

カタログはインターネットを通じてたくさんの方が見れるようにと考えています。


お店の売り上げの為にも、たくさんの方にお店の名前を知って貰おうと思います。

そうなるとトラブルを避ける為に『商標登録』を行わなければなりません。

お店のロゴや会社名は必ず商標登録を行わないといけないのです。


商標登録について私はあまり詳しく無い為、自分なりに調べて見る事にしました。

商標登録は消費者が商品の出所を認識する事が出来なければ、登録が出来ないようです。

つまり他の商品との区別が出来ない物でなければ登録が出来ないのです。


更に商標登録を行える名称と、そうで無い名称がある事を初めて知りました。


私のお店の名前は少し変わっていますが、どうやらお店の名前としては大丈夫なようです。

しかし逆に『レストラン』や『ショップ』などの一般的に知られている名称では、商標登録は行えない事が判明しました。

確かにレストランやショップだけでは、一般的に知られている慣用名称だと思います。


慣用名称を聞いただけで、誰もが連想可能な場合は登録は出来ません。

お店の名前や商品の名前は出来るだけ凝らなければ行けないと言う事だと思います。


意外な事に、ありふれた氏名や名称なども商標登録は行えません。

日本で一番多いと言われている氏名の『佐藤』や『鈴木』などの名称は登録する事が出来ないと言う事です。

ローマ字などに変換して『SATOU』としたとしても、登録は出来ません。

氏名を使ったお店や会社などをよく見かけますが、そういったお店や会社は一体どのように商標登録を行っているのか疑問に思います。


他にも意外だと思った内容は『記述的表現』などでした。

記述的表現とは、商品やサービスの特徴を表す言葉を指します。

例えばたこ焼き専門のお店や、商品を販売しようと考えた時などに気を付ける必要があります。

たこ焼きと言えば『大阪』と言うイメージが私にはあります。

たこ焼きのキャラクターを作りそれを商標登録しようと考えた際、大阪と言う言葉でそのまま登録する事は出来ないと言う事です。


確かに地名やイメージだけの名称だと、一体何の商品なのか判らないのが消費者の本音だと思います。

色々と調べてみると、商標登録出来る名称は限られているようです。

もう少し私も勉強を重ねて、登録の可能な名称を考えようと思っています。