魔王と大魔王

「魔王」、それは、鹿児島県肝属郡錦江町の酒造メーカー、白玉醸造が生産している芋焼酎の銘柄の一つです。

樽で熟成される際、蒸発によって失われる天使の取り分に関わる天使を誘惑し魔界へ酒をもたらす悪魔にちなんで命名されたそうです。

雑誌やテレビなどで話題になったために、一時期入手が困難となった為に幻の焼酎と言われています。

高いときは一升瓶で2万円位するときもあり、「森伊蔵」、「百年孤独」、「宇佐見」、「村尾」などと並ぶプレミア焼酎です。


先日の女子会で、飲み放題の居酒屋に行きました。

女子会プランのようなものがあって、料理とコースと2時間の飲み放題がついて4500円のコースでした。


飲み放題の割にはお酒の種類が多く、とてもいいお店でした。

そこで、飲み放題メニューの中に、あの有名な焼酎、「魔王」が入っていました。

「魔王」が有名な芋焼酎だということは知っていたのですが、普段はあまり焼酎を飲まない私は、「魔王」も「大魔王」も区別がつかないので、メニューに「大魔王」と書かれていたのを見て、「あの有名な魔王だ!」と注文しました。

『「魔王」って普通に頼むと高いんだよね?飲み放題でなんてすごいよね。普通じゃ飲めないから、今日は魔王だけ飲もう!』

おいしかったこともあり、友達と調子に乗って「大魔王」だけ最後まで飲みました。

「やっぱり、魔王は違うね?」なんて知ったかぶって水割りで12杯。

もちろん次の日は二日酔。

一日調子が悪かったです。


大魔王は鹿児島県串木野市西薩町にある「濱田酒造(株)」の焼酎で、こちらも古くからある、鹿児島の焼酎です。

こちらの焼酎もとてもおいしいのですが、知名度では魔王に負けているのです。

東京など関東でこの大魔王、特に大人気で、味はこちらの方がおいしいという人も多く、本格派の人に注目されている焼酎です。


いずれにせよ、「大魔王」はおいしかったのですが、飲み放題と言えども、飲み過ぎはいけませんね。

それに飲み放題で1本2万円もするような焼酎は出てこないですね。

勉強になりました。「魔王」と「大魔王」って、(特に酔っていたからか?)紛らわしいですね。でも、「大魔王」方がインパクトが強いですね。