初めての商標登録 「商標登録したい!」

私のお店も少しずつ軌道に乗りはじめて、お店の人気も出てきたので、このビジネスでがんばっていくためにはそろそろお店のロゴの商標権を取りたいなと考えています。

ロゴの制作をデザイン会社に頼んでお金をかけすぎてしまったので弁理士に頼むお金に余裕もありません。

できるものなら自分で商標権の出願手続きをしてお金を浮かせたいと考えています。

デザイン会社には一応先に登録されていないロゴをお願いしてあるので大丈夫だと思います。

ちゃんと調べておいた方がいいのかな。

ここはデザイン会社を信じて先に出願されている類似の商標はないとします。


もちろん商標の手続きなどしたことなどないので、この前買った商標の出願申請の仕方の本と友達の意見を参考にしながら書類を作成することにしました。


まず、出願書類を作成する前に決めておかなければならないことがありました。

それはロゴが決まったらどういう形で登録するかを決めることです。

商標法では「文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合」(商標法第2条1項)であり、業として使用するものと定義されているそうです。

文字だけの商標として出願するか、色や形まで指定したものにするかを決めなければならないのですね。

1つの出願で両方定義されるのかと思った。

名前に対して(文字)と、デザインの両方保護されたい場合は両方出願しなければならないのですね。


そして商標を使用する役務を決めます。

商標出願ではその商標を使用しようとする役務(サービス)を必ず決めなければなりません(商標法第6条)。

なぜなら商標権ではその設定した役務にのみ保護されるからです。

サービスでその商標を使用したいのかを自分で決めます。

商品・役務の区分は45種類に分類されているのでそこから選びます。

同じ商標でも分類の区分が違えば同一の商標でも「類似してない」とされてしまうということですね。


また、指定する役務が複数にわたる時は区分ごとにわけて記載することができるそうですが、逆に複数の商標を一つの出願で出すことはできないらしいそうです。

役務をたくさん指定することができるということは保護の範囲が広がるということなのしょうね。


こうして出願前の準備ができました。

これで出願書類の作成に入りたいと思います。