登録された商標と同一または類似する文字を使用しても商標の侵害にならないケース~巨峰事件~

ある行為が商標の使用、他人の商標権の侵害する行為に該当するかの判断は、時として難しいものです。

ただ、この判断するためのヒントになる要素として「商慣行」というものがあります。

今回紹介する巨峰事件は、ある行為が商標権の侵害にあたるか否について商慣行を用いて判断した事案です。

事件の概要は以下です。


ダンボールメーカーのAが『包装容器』の分野で『巨峰・キョホー』という商標を申請し、登録されました。

Bも、ダンボールメーカーです。

Bは、ぶどう農家が出荷時に使用するためのダンボール箱に「巨峰」という文字を印刷し販売していました。

これを見たAは、Bがダンボール箱に「巨峰」と印刷するのは、私の持っている『巨峰・キョホー』の商標権を侵害するから、「巨峰」と印刷されたダンボールの製造販売をやめて下さい。

と訴えたのです。


この事件の論点は、Bがダンボールに「巨峰」と印刷する事がAさんの商標権の侵害に当たるかという事です。

客観的に見ると、Bがダンボールに「巨峰」と印刷する事は包装容器(ダンボール箱もふくまれる)について『巨峰・キョホー』の商標を持つAの権利を侵害しているといえるでしょう。

ただ、裁判所が出した結論は、Bの行為は商標権の侵害にはあたらない、というものでした。


裁判所がこう判断したのは、一般にダンボール箱などの包装容器業界の商慣行を考慮すると、見やすい場所に見やすい書体で書かれている文字は、単にダンボール箱の内容物を表示するに過ぎず、どのダンボールメーカーが作ったダンボールであるかを消費者に認識させるものではないとの理由からです。

つまり、Bさんが印刷した「巨峰」の文字は、ダンボールの製造者を想起させる出所表示機能などの商標的な機能が備わっていない表示であるため、Aさんの商標権を侵害したとはいえないという事です。


ここから言える事は、ある行為が商標の使用に該当するか否かの判断派、商標が使用される分野の「商慣行」も判断材料とし考慮し行うべきものという事です。

みなさんも自身の商標が他人に使用されているように見えた場合、慌てて訴訟に持ち込むのではなく、まずは商慣行に照らし合わせ、相手の使用が商標的使用になっているのかという事を確認しましょう。