商標登録は素人でも出来るのか

商標登録というと何かとお金がかかる。

出願料も登録料も万単位のお金がかかるのに、そのうえ専門家(弁理士)に依頼すると、一体いくらかかるのだろう?との心配から自分で手続きをしようと実行する人がいます。

結論からいいますと、自力で商標登録は出来ます。

ただし「運が良ければ」という条件付で。


ここの「運が良い」というのは、いわゆる中間処理という手続きが必要ない場合を指します。


商標を登録するための手続きは、(事前調査)→(出願)→(特許庁による審査)→(登録)という順を踏んで行われます。

ただ、特許庁による審査の結果、「この商標は、他の人の持っている商標と似ているので登録できません」とか「この商標は、何人の業務に関わる商標か識別できませんから登録できません」

という拒絶通知というものが届く場合があります。

この拒絶通知は、全うな理由の場合が殆どですが、「これは強引な・・・」と眉を潜めてしまうような内容の場合もあります。


ただ、事前調査をしっかり行った出願の場合、拒絶通知がきても、特許庁の拒絶通知に反論する意見書というものを提出すれば、事なきを得ることがほとんどです。


しかし、素人の場合、事前調査事態が甘く、似ている商標の存在に気が付かず出願してしまう場合もあります。

既に似ている商標が存在している場合、自分が出願した商標は登録する事ができませんから、出願に掛かった費用が無駄になってしまいます。

また、仮に事前調査がしっかり行われており、意見書などの対応をすれば登録できる商標であっても、素人が意見書を作成する事は難しく、拒絶理由が届いた時点で、商標登録を諦める、もしくは、そこに至ってはじめて弁理士に相談に行くという事態に陥ってしまいます。


このように出願から登録までに起き得るトラブルの事を考えると、自力での出願をお勧めする事はできません。

やはり、最初から弁理士に相談する事が得策といえるでしょう。

因みに、弁理士に依頼するにしても、なるべく費用を抑えたいと考えるならばホームページや広告で提示されている費用が、「中間処理も込みの金額なのか」を確認しておきましょう。

中間処理が別途になっている場合、最終的に支払う額が予想外に高くなるという事もありますので、ここは必ずチェックすべきポイントです。